バイオジェルのオフ方法

バイオジェルというのは自爪への負担がとても少なく、他の付け爪をオフしたときとは違って、バイオジェルをオフしても自爪が綺麗なままなので、OLさんを中心に人気があるネイルです。
普通付け爪をすると、自爪の呼吸が出来なくなるし、装着するときに爪を傷つけて爪に負担をかけてしまうので、仕事の都合などで付け爪が出来たり出来なかったりする人には、ちょっと抵抗があったようです。

でもバイオジェルなら、自爪を傷つけなくでも装着できますし、オフ方法もとても簡単です。
バイオジェルは、専用のリムーバーで落とすことが出来るのですが、このオフ方法をソークオフと言います。
普通のアクリルジェルネイルは、リムーバーのオフ方法は使えません。

お勧めはネイルサロンで

バイオジェルを施術する場合、自分でやる方もいらっしゃるかもしれませんが、普通はネイルサロンでやってもらいますよね。バイオジェルのオフ方法はいろいろとありますが、基本的に自分が施術をしてもらったネイルサロンでのオフ方法が一番安心ですよね。

ただし、バイオジェルのオフ方法自体はとても簡単なので、道具を揃えてしまえば、自分でも簡単に出来てしまうオフ方法があります。まず、リムーバーがよく染み込むように、ジェルネイルの表面を少し削ります。
コットンに専用リムーバーを染みこませたら、ネイルの上へ乗せて、10分以上そのままにしておきましょう。
もし持っていれば、アルミホイルで爪をくるみこめば、リムーバーがさらに爪に馴染んで、外しやすくなってるでしょう。ただし、ラメをいれていたりするとはがれにくいので、何回か繰り返しましょう。


« 前のページへ || 次のページへ »

電話でのご予約は:03-5309-2884。モバイルでのご予約は:http://su7.jp/cks/x/